まさかこんな方法で!?自分でできるiPhoneの修理方法とは

自分でもできるiPhoneの修理

iPhoneが壊れてしまった場合、公式ストアに修理に出すか、非公式のiPhone専門修理業者に修理をお願いする方法がありますが、それなりにお金がかかってしまいます。また、修理業者まで足を運ぶのも面倒なことです。しかし、iPhoneは、パーツさえ揃えれば、自分自身で修理することも可能です。また、業者の中にはiPhoneを自分自身で修理するための修理キットを販売しているところもあります。修理方法は、インターネット上に動画にて公開されていますので、その通りに修理するだけです。慣れてしまえばバッテリー交換などもたったの3分で修理が可能です。iPhoneは、想像以上にシンプルな作りとなっていますので、分解も楽に行えるのです。

コストメリットはどのくらい?

業者の中には、iPhoneの修理パーツを販売しているところがあります。これらの業者はインターネットにてパーツを注文できますので店舗に出向かなくても部品の調達が可能です。自分で修理すればパーツ料金のみで修理が可能なので安く修理が可能です。例えばバッテリー交換の場合は、メーカー修理であると1万円程度かかるものですが、自分で交換すると2980円にて修理が可能です。作業時間も3分程度です。フロントガラスが割れてしまった場合の修理に関してもメーカー修理であると1万円から2万円程度かかりますが、自分で修理すると6000円程度での修理が可能です。ホームボタンの交換に関してもメーカー修理では6千円から1万円程度ですが、自分で修理すると3千円から5千円程度での修理が可能です。

修理店に依頼しないと難しそうなiphone6のバッテリー交換、実は自分でもできます。現在は通信販売サイトで道具が手に入ります。しかし、ドライバーの形状が特殊なため、別で購入することをおススメします。